spending of my life for happiness

楽しくて、可愛くて、きになるものをたくさんみつけたい!と思ってる、WEBにもっと詳しくなりたい87年生まれ。

トロけるなんてもんじゃない。消えるプリン!

 

限定のプリン

DEAN&DELUCAの6/23-25に限定で発売されているプリン。

仕事終わりに、最終日だしもうないかもだけどどうかなと思って寄ってみたらまだあった。19:30の段階だ残りは10個くらい。

 

北海道のニセコにある、高橋牧場さんで採れた牛乳で作ったプリンとのことで、この週末限定で販売されてる。


ニセコとは「絶壁」を意味するアイヌ語。美しいヌプリ(アイヌ語で山)に囲まれた四季折々の風景が広がります。圧倒的な迫力の羊蹄山の麓、新鮮な空気と大地の広がるこの地に『高橋牧場』はあります。

これまでの経験から「良い土づくりをし、良質な牧草を作らなければ良い牛は作れない」という信念のもと、牧場主・髙橋守さんは「土づくり・草作り・牛作り」に取り組んでいます。

『高橋牧場』のプリンは、牛舎のすぐ横に隣接するミルク工房でつくられています。この近さだからこそ、毎朝しぼりたてのミルクを使って製品づくりを行うことができます。出来上がったプリンも、空輸でフレッシュなままに店頭へ届けられます。

※上記のページ内より引用

なんだって!

 

たべてみた

キャラメルは別添え。かけていただく。

f:id:sa4533:20170627014418j:image 

器からかわいい。

 

 

f:id:sa4533:20170627015909j:image

キャラメルソースが染み込んでいく。これすら美しいと感じてしまう。

 

f:id:sa4533:20170627015939j:image

キャラメルソース上から。わくわくする!とにかくわくわくする!

 

スプーンで一口すくって柔らかさを感じながら口に運ぶわけなんですが、プリンってこんなにスーッととけましたっけ!?!?ってくらいすぐに口から消え去ってしまうので、手を動かす回数が必然と早くなる。

そのため、一瞬で完食してしまった。結構値段したからもっと味わって食べるべきだった!(´・ω・`) 2つで800円くらいしたもの。

こんなに美味しいことある!?ってくらいとろーり。でも、味はくどくなくてサラッと食べれる。プッチンプリンとは全く食感が違うからたまにはこーゆーのも良い。別にプッチンプリンがダメってことはなくて、どちらにもどちらの良さがあるから、出来ることなら交互に頂きたいなと思う次第のプリンさんたち。

 

休日出勤した後に寄るの悩んだけど、これはやって大正解の代物でした。それだけの価値がある、素敵なスイーツだ。

 (´-`).。oO(でもインスタの反応悪いな、、、)

 

 

Please follow me♡

------------------------

Instagram https://www.instagram.com/sa4533/  

Twitter https://twitter.com/aonetann

------------------------